受かる英語


スポンサーリンク

文法

used to の意味・使い分け・覚え方・なぜ?

投稿日:

多くの受験生が混同する be used to doingused to do。今回はこの二つの覚え方区別の方法について解説します。

be used to doing「~することに慣れている」


まず be used to doing(~することに慣れている)の方ですが、これに関しては used の品詞を覚えるのがコツです。実は used は、意外に思う人もいるかもしれませんが、「慣れている(=慣れた状態)」という意味の形容詞なのです。used は辞書にも見出し語として「形容詞」と載っていますので、是非一度辞書で確認してみてください。

さて、used が形容詞と分かったら、形容詞の前には be動詞があるのは当然ですね。I am happy.(私は幸せだ)も I am used.(私は慣れている)も同じことです。

では今度は used の後ろを考えてみましょう。「慣れている」という言葉は、「~に」と一緒に使うのが自然ですね。つまり used の後ろにある to前置詞(~に)です。そして、前置詞の後ろには名詞が来ます。「名詞」と同等になるべきものなので、「動名詞」を置くのです。

ちなみに、参考書等の例文では、be used to の後ろには doing という動名詞が来ることがほとんどですが、実は以下の例文のように名詞が来ることも普通にあります

I am used to the life in Tokyo.(私は東京での生活に慣れている)

そして、この文は以下の文と同じような意味ですよね。

I am used to living in Tokyo.(私は東京で暮らすことに慣れている)

このことを覚えておけば、to が前置詞であり、その後ろには名詞[≒ 動名詞]が来るということをイメージしやすいのではないでしょうか。

get used to doing「~することに慣れる」

be used to doing について理解したところで、その be が get に変わった get used to doing についてもおさえておきましょう。

そもそも be動詞とは「状態(~である)」を表します。よって be used to doing は「~することに慣れている」という「状態」を表します。

以下の例文を眺めて、「状態」のニュアンスをつかんでください。

I was angry.(私は怒っていた
I was married.(私は結婚していた
I was used to living alone.(私は一人で暮らすことに慣れていた

一方、get にはいろいろな意味がありますが、get + 形容詞 という形で使われたとき、get は「~になる」という「変化」の意味を表します(become と同じ)。よって get used to doing は「~することに慣れ」(慣れていない状態から慣れた状態に変わる)という意味になります。

以下の例文を眺めて、「変化」のニュアンスをつかんでください。

I got angry.(私は怒っ
I got married.(私は結婚し
I got used to living alone.(私は一人で暮らすことに慣れ

used to do「かつて~した」

次に used toかつて~した)について考えてみます。used to は助動詞の単元で習う文法事項で、過去の習慣を表す助動詞 would とよく似ています。used to と would には重要な違いもありますが(その違いの説明についてはここでは割愛)、とりあえず used to は、ひとかたまり助動詞の働きをしていることは確かです。

助動詞ですので、その後ろ動詞の原形 do になるのは当然ですね。would doused to do も同じことです。

また、助動詞の前に be動詞 があるはずはないですね。be would do と言えないのと同様に、be used to do とは言えません。

よって、

  • be動詞[または get]があるused to doing慣れている慣れる])
  • be動詞[または get]がない ⇒ used to doかつて~した

と考えることができます。

現在との対比の文脈で使われることが多い

ちなみに、used to do には「過去はしたが今はしない」という含みがあります(これは would do との違いでもあります)。よって but now ~(しかし今は~)などを伴う以下のような例文で使われることが多いです。

I used to hate exercise, but now I love it.
(私は昔は運動が大嫌いだったが、今は大好きだ)

もちろんこのような語句が必ずあるとは限りませんが、このような語句があったら、used to do と判断するヒントにはなるでしょう。

まとめ/暗記ポイント

いかがでしたでしょうか。be used to doing と used to do は、一見面倒なようでも、一語一語の文法的な働きを理解することが、明確に区別するための近道です。以下の暗記ポイントを整理したら、練習問題にチャレンジして自分の理解を確認してみてください。

  • どちらが正しい?その意味は?
    S be used to ( do / doing ) 解答を表示
  • どちらが正しい?その意味は?
    S used to ( do / doing ) 解答を表示
  • be used to doing と get used to doing の違いは? 解答を表示

練習問題

次の英文の(  )内に当てはまるものを入れよ。

  • I (  ) to live in this house when I was small.
    ① am used ② used ③ was using ④ have been used 解答を表示
  • I'm nervous. I'm not used (  ) to a large audience.
    ① to speaking ② to speak ③ in speaking ④ of speaking 解答を表示
  • She (  ) to church regularly, but now she never goes.
    ① was used to go ② used to go ③ used to going ④ is used to go 解答を表示
  • I don't mind leaving at six o'clock: (  ) up early.
    ① I used to getting ② I was used to get
    ③ I'm used to get  ④ I'm used to getting 解答を表示
  • I (  ) the food in the university cafeteria.
    ① used to eating ② am used to eat ③ am used to eating ④ would use to eat 解答を表示
  • He (  ) TV every night, but he doesn't anymore.
    ① used to watching ② was used to watch ③ used to watch ④ was using to watching 解答を表示
  • I still haven't (  ) nights.
    ① used to work ② gotten used to work ③ used to working ④ gotten used to working 解答を表示
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-文法
-, ,

Copyright© 受かる英語 , 2021 All Rights Reserved.