受かる英語


スポンサーリンク

文法

仮定法の基礎(直接法との違い、使い方・作り方・覚え方)

投稿日:

仮定法」を苦手にする受験生は多いです。これまで多くの受験生を見てきましたが、仮定法が苦手な理由はただ一つ、基礎を正しく理解していないということにあります。仮定法の基礎は決して難しくありません。ここでは、仮定法の苦手を克服するための、仮定法の基礎を分かりやすく説明します。

直接法と仮定法の違い

以下の2つの文を比較してみましょう。

  • If I have time, I will go to see her.【直接法
  • If I had time, I would go to see her.【仮定法

この2つの文は、どちらも
もし時間があったら彼女に会いに行くだろう
と訳すことができます。表面的な日本語訳ではなく、何がどう違うのか?ということをよく理解しなくてはいけません。

直接法 = 「普通にありうること」

以下の文を「直接法」と言います。

  • If I have time, I will go to see her.

直接法」という言葉にはあまり耳馴染みがない人が多いと思います。絶対に覚えろ!というほどの文法用語ではありませんが、参考書にはよく出てくる言葉ですので、ざっくり覚えておくことをオススメします。簡単に言うと「直接法」とは、「普通にありうること」と考えてください。

まず形について、If 節の中身が現在形で、主節の中身が will であることに注目してください。これは中学英語の頃から見慣れた、 If(もし~なら)の文 ですね。

この文は、ただの「条件」を表しており、文の中身は「普通にありうること」です。つまり「時間があったら彼女に会いに行くし、なければ会いに行かない」というただそれだけのことで、言ってみたらその可能性は五分五分。おそらくこの人は、それなりに時間がある人です。

仮定法 = 「ありえないこと」

一方、以下は「仮定法」の文です。

  • If I had time, I would go to see her.

形は、If 節の中身が過去形で、主節の中身が would という助動詞の過去形が使われていることに注目してください。直接法の文の見慣れた形に比べると、これはちょっと変わった形で、見慣れないと違和感を感じるかもしれません。しかし、実はその違和感は大事なポイントです。

意味については、この文で言っている「もし私が時間があったら、彼女に会いに行く」と言っているのは、この人の「妄想」です。妄想ですので、これは事実ではありません事実はその逆で「私は時間がないので彼女に会いに行くことはできない」、つまり、彼女に会いに行ける可能性はゼロなのです。

英語では、このように事実に反する、ありえないことを表現したいとき、違和感のある形を使い、「今自分が妄想をしている」ということを相手に知らせます。これが仮定法です。仮定法を見たら、反射的にそれは事実ではないということを理解し、その裏の意味事実)を考える習慣をつけてください。

仮定法過去と仮定法過去完了の違い

では今度は、以下の2つの文を比較してみましょう。これらはどちらも仮定法です。

  • If I had time, I would go to see her.【仮定法過去
  • If I had had time, I would have gone to see her.【仮定法過去完了

「仮定法では違和感のある形を使う」ということを前に述べましたが、違和感のある形にも2種類あります。

仮定法過去 = 現在の事実に反する妄想

一つは、If 節の中身が「V過去形」のパターンで、これを「仮定法過去」と呼びます。主節の方は、直接法の will を過去形にした「would V原形」の形を使います。

  • If I had time, I would go to see her.
    「もし()時間があれば、()彼女に会いに行くのに」
    事実:「()時間がないので、()彼女に会いに行くことはできない

    仮定法過去の公式
    If S V過去形 , S would V原形

仮定法過去」は、現在の事実に反する妄想を表します。見た目は過去形なのに、現在のことを述べているということに注意してください。日本語に訳す際も、それが現在のことだと分かるように訳しましょう。尚、主節の助動詞は would 以外にも、couldmight など、助動詞の過去形を使うことができます。

仮定法過去完了 = 過去の事実に反する妄想

もう一つは、If 節の中身が「had p.p過去完了形)」のパターンで、これを「仮定法過去完了」と呼びます。主節の方は、仮定法過去の「would + V原形」の時制をもう一つ過去にした形「would have p.p過去分詞)」を使います。

  • If I had had time, I would have gone to see her.
    「もし(あのとき)時間があったら、(あのとき)彼女に会いに行ったのに」
    事実:「(あのとき)時間がなかったので、(あのとき)彼女に会いに行くことはできなかった

    仮定法過去完了の公式
    If S had p.p. , S would have p.p.

仮定法過去完了」は、過去の事実に反する妄想を表します。見た目は過去完了形なのに、過去のことを述べているということに注意してください。日本語に訳す際も、それが過去のことだと分かるように訳しましょう。尚、仮定法過去と同様、主節の助動詞は would 以外にも、couldmight など、助動詞の過去形を使うことができます。

まとめ/暗記ポイント

仮定法にはさまざまな応用パターンや慣用表現がありますが、全ては上に挙げた「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の2つの公式が基本になります。仮定法を理解するには、とにかくこの公式を頭に叩き込んでください。

公式は「If S + V過去形, ・・・」という言葉と、「If I had time, ・・・」という例文をセットで暗記することをオススメします。それぞれがいつのときを表しているのか?ということを考えながら覚えてください。公式さえ頭に入れれば、仮定法は難しくありません。

覚えた人は、以下の確認問題にトライしてみてください。

  • 「He will eat something if he is hungry.」と
    「He would eat something if he was hungry.」と
    「He would have eaten something if he had been hungry.」の違いは? 解答を表示
  • 「もし()時間があれば、()彼女に会いに行くのに」を英語で
    仮定法過去の公式) 解答を表示
  • 「もし(あのとき)時間があったら、(あのとき)彼女に会いに行ったのに」を英語で
    仮定法過去完了の公式) 解答を表示
  • If I was the teacher, I (  ) so much homework.
    ① didn't give ② hadn't given ③ wouldn't give ④ won't give 解答を表示
  • If it rains tomorrow, the tennis match (  ) canceled.
    ① would ② will ③ would be ④ will be 解答を表示
  • I (  ) you the truth if you had asked.
    ① will tell ② would have told ③ have told ④ will have told 解答を表示
  • If Tom (  ) here, I would ask him what to do.
    ① was ② is ③ will be ④ has been 解答を表示
  • She would have come to the party if she (  ) invited.
    ① will be ② would have been ③ had been ④ has been 解答を表示
  • If he (  ) me, he'll be surprised at my hairstyle.
    ① sees ② saw ③ had seen ④ will see 解答を表示
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-文法
-

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.