受かる英語


スポンサーリンク

基礎英語長文問題精講

基礎英語長文問題精講 問題4 解説

投稿日:

名著ですが解説が少ないという評判の「基礎英語長文問題精講」の解説を補足しています。本書の解説と別冊の解答・解説をよく読んだ上で、疑問点がある方は是非参考にしてください。

本文

25~26行目(設問H 空所(ヘ))

(If he spends most of his time playing about (in the way <that he used to> (as a child))), he will go hungry.
【和訳】もし彼が、子供の頃よくそうしたように、大部分の時間を遊び回って過ごしたならば、食べるものに事欠くようになるだろう。

  • ポイント1:playing about
    ここでの about は「周りを、あちこちを」という意味の副詞(=around)。
    例:walk about(歩き回る)、search about(探し回る)
  • ポイント2:he used to
    この to は、文法用語で「代不定詞」と呼ばれるもので、ここでは「he used to play about」の繰り返しを避けています。おそらく空所(ヘ)には be を入れてしまった人が多いのではないかと思われますが、助動詞の used to(かつては~した(だった)) は、過去と現在の対比を表すことに注意しましょう。
    例:He used to be an actor.(彼は以前は俳優だった(が今は俳優ではない))
    つまり、He used to be a child. としてしまうと、「彼はかつて子供だった(が今は子供ではない)」という意味になり、「かつて子供だったように遊び回る」では意味をなしません
  • ポイント3:as a child
    「as a child」の as接続詞(~するとき)で、接続詞の後の S+be の省略という重要文法事項(この場合 as he was a child の he was の省略)。「as a child(子供の頃)」はよく出てくる表現なので、一種の慣用表現として覚えてもよいかもしれません。ちなみに、この as を前置詞とする考え方もありますが、筆者は、基本的に前置詞の as は「~として」の意味だけと考えることをお勧めしています

35~36行目

(With old age) should come [wisdom] and [the ability <to help others (with adice <wisely given>)>].
【直訳】「年とともに、知恵と、賢明に与えられた助言で他人を助ける能力がやってくるはずだ」
【意訳】「年をとると、知恵が身につき、賢明な助言によって人に役立つことができるようになる」

  • ポイント1:MVSの倒置構文
    主語が長いときや、主語が新情報であるときに用いる倒置です。
    例:(Once upon a time) lived an old man.
    An old man lived (once upon a time).
    (昔々、ある老人が住んでいました)
  • ポイント2:wisely given は直前の advice を修飾する形容詞句

42行目

leaving others to continue the fight
【直訳】「他人に闘いを続けさせながら」
【意訳】「闘いを続けることはほかの人にまかせ」

  • ポイント1:leaving は 付帯状況を表す分詞構文「~しながら」
  • ポイント2:leave O to do で「Oに~させておく(専念できるようにしておく)」の意味。
    leave の第五文型は、「leave O 形容詞」「leave O doing」「leave O done」(Oをある状態のままにしておく)が有名ですが、このように「leave O to do」もあることに注意しましょう。

設問

問G

以下のいずれも正解

  • It is not necessary that old should be unhappy.
  • It is not necessary that old be unhappy.
  • It is not necessary that old is unhappy.

感情判断を表すthat節の中でshould仮定法現在を使う」という文法事項に関する問題。確かにこの文脈での「It is not necessary」は筆者の判断を表しているように読めますが、解答・解説の「・・・直接法の現在や過去を用いてはいけない」と言うのは言い過ぎ。判断や感情を含まない単なる事実を述べる場合は、直接法の「that old is unhappy」も使うことができます。あまり良い問題ではないですね。


構文把握力精読力をつけたい方にはこちらがオススメです。

最高レベルの英語力を身につけたい方はこちらもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-基礎英語長文問題精講

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.