受かる英語


スポンサーリンク

基礎英語長文問題精講

基礎英語長文問題精講 問題8 解説

投稿日:

名著ですが解説が少ないという評判の「基礎英語長文問題精講」の解説を補足しています。本書の解説と別冊の解答・解説をよく読んだ上で、疑問点がある方は是非参考にしてください。

本文

12行目:instead of

instead of ~ は「~の代わりに」という訳で覚えている人が多いかと思いますが、どちらかと言うと「~しないで」という訳の方がおすすめです。本書の解説にもありますが、A instead of B は以下と同義です。

  •   A instead of B
  • A, not B
  • not B but A

これらはいずれも対比を表すディスコースマーカーで、B の方が重要ということを示しています。内容把握のカギになる表現の一つですので、注意して読んでください。
【関連記事】ディスコースマーカー一覧

27行目:不定詞の意味上の主語

for our minds to think clearly
【和訳】私たちの頭脳明晰に思考するためには

本書の解説にもある通り、この for ~ は不定詞の意味上の主語です。「for」を見ると何でもかんでも「~にとって」と訳そうとする受験生が多いですが、不定詞の意味上の主語は「~」と訳すことを強くおすすめします。以下の二つの for は文法的な働きが異なることを理解してください。

  1. It's necessary for you. ※利益の対象
    (それはあなたにとって重要だ)
  2. It's necessary for you to do that. ※不定詞の意味上の主語
    (◎あなたそれをすることは重要だ)
    (△あなたにとってそれをすることは重要だ)

1 の文の for は「~にとって」と訳して構いませんが、これは「利益の対象」を表す for で、別の訳をすれば「~のために」ということです。

一方、2 のように、不定詞の前にある for は「不定詞の意味上の主語」で、you と do の間に S-V 関係があることを表しています。主語ですので「~」と訳すべきなのです。

この 2 の文(不定詞の名詞的用法の場合)ではたまたま「~にとって」でも訳せてしまいますが、これはあくまでたまたまですので、あまりおすすめできません。形容詞的用法や副詞的用法の不定詞の前にある for+人 は「~が」でないと訳がおかしくなりますし、何より S-V 関係 を意識することは内容把握の上で重要になります。不定詞(to do)の前にある for は「~が」と訳す習慣をつけてください

内容把握:列挙

15行目の If we feel stressed, there are several things that we can do. First ~ 以降で「私たちがストレスに対処するためにできること」が4点列挙されていることを見抜いてください。

  1. First, we need to learn how to relax and breath slowly and smoothly.(16行目)
  2. We can also take some time out of our worried, busy
    schedule ~.(19行目)
  3. We need to take care of our bodies.(24行目)
  4. Finally, we need to find what is causing the stress in our lives.(32行目)

1点目と4点目の FirstFinally列挙のディスコースマーカーとして分かりやすいですが、2点目の also にも是非注目してください。地味な単語ですが、also は another, moreover, in addition 等と同様に、追加の列挙を示すディスコースマーカーとして非常に重要です。

また、厄介なのは3点目です。この文は
We need to ~.
となっていますが、内容的に列挙の続きですので、本来
We also need to ~.
とするべきです。本書の訳でも「私たちは自分の体に留意する必要ある」となっていることに注目してください。

このように必要なディスコースマーカーが欠けた文はあまり良い文ではありませんが、こういったこともしばしばありますので注意が必要です。こういった分かりにくい並列に気付くには、日頃から「英語のパラグラフには何らかの役割がある」というパラグラフリーディングの意識を持って英文を読むことが役立ちます。また、そのためにもディスコースマーカーが大きなヒントになります。
【関連記事】ディスコースマーカー(論理マーカー)一覧


構文把握力精読力をつけたい方にはこちらがオススメです。

最高レベルの英語力を身につけたい方はこちらもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-基礎英語長文問題精講

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.