受かる英語


スポンサーリンク

基礎英語長文問題精講

基礎英語長文問題精講 問題2 解説

投稿日:

名著ですが解説が少ないという評判の「基礎英語長文問題精講」の解説を補足しています。本書の解説と別冊の解答・解説をよく読んだ上で、疑問点がある方は是非参考にしてください。

本文

8行目:also
13行目:in addition

alsoin addition追加・並列を表すディスコースマーカー。他に moreover, furthermore, what's more, besides, plus, as well as などがあります。
【関連記事】ディスコースマーカー一覧

これらの表現が出てきたら、何と何が並列関係になっているか、頭を整理しましょう。今回の文章の場合は、「英語が大切な学科であり、話す人が多い」という文脈で、以下のような並列関係になっています。

  • 英語を母国語として話す人が多い
    ⇒ イギリス、アイルランド、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど
  • 英語を母国語ではないが公用語として話す国もまた(also)多い
    ⇒ インド、シンガポールなど
  • さらに(in addition)、英語の研究が盛んな国も多い
    ⇒ 日本など

設問

問1:空所C(本文19行目)

(  ) all this means, of course, is that the study of English is very important.

の空所に、as/how/so/such/what/when/where/which/who/that の中から何を入れるかという問題。

means を「手段」と捉えてしまうとハマってしまう問題。たしかに「手段、方法」という意味の名詞means には単数扱いも複数扱いもありますので(※複数の手段が念頭にある場合は複数扱い)、all this means が「こういった全ての手段」という意味の名詞句になる可能性はなくはないですが、そう考えてしまうと、この問題の空所に何かを入れるのは苦しくなります。

そこで、means を動詞意味する」の三単現形と捉えましょう。すると、

[(  ) all this means] (全てのこれが意味する
     ↓
[(  ) all this means], (of course), is that the study of English is very important.

という構造が見えてきます。

[(  ) all this means] はこの文の主語になっていて、また、この主語のカタマリの中は、Oが欠けている不完全文の構造になっています。つまり

  1. 主語=名詞=名詞節を導く
  2. 不完全な節を導く

という二つの特徴から、関係代名詞の what を選びます。

[(What) all this means], (of course), is that the study of English is very important.
(もちろん、このことが意味するのは、英語を学習することは非常に重要だということだ)


構文把握力精読力をつけたい方にはこちらがオススメです。

最高レベルの英語力を身につけたい方はこちらもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-基礎英語長文問題精講
-

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.