受かる英語


スポンサーリンク

基礎英語長文問題精講

基礎英語長文問題精講 演習編7 解説

投稿日:

名著ですが解説が少ないという評判の「基礎英語長文問題精講」の解説を補足しています。本書の解説と別冊の解答・解説をよく読んだ上で、疑問点がある方は是非参考にしてください。

本文

22行目:stop O from doing

stop a patient from receiving medical treatment
【和訳】患者治療を受けることをやめさせる

stop O from doing は「O が~することを妨げる、防ぐ、やめさせる」という意味で、
prevent O from doing
keep O from doing
の同義表現です。

設問

選択肢1. の正解は ④。
「新しい心臓(a new heart)を待っている」という具体例を述べているということが大きなヒントで、また he or she が指している性別不明の単数名詞(a patient)が直前にあるということから判断します。また、並列のディスコースマーカー Furthermore もヒントになります。
【関連記事】ディスコースマーカー一覧
16行目の For example ~ は「医療目的のクローンのメリットが大きい例」を示していますが、その一つ目が、同じ文で述べられている「患者の体が心臓を拒絶しないこと」。二つ目が、選択肢1 で述べられている「患者が誰かが死ぬのを待たずとも心臓を手に入れることができること(=必要な臓器を早く手に入れることができること)」ということで、患者にとってのメリットが並列されていることが分かるでしょう。

選択肢 2. の正解は ②。
選択肢の They afraid that ~ という内容から、クローン反対派の意見であることは明らかなので、① か ② に絞られます。① は、その前の文で述べられている「現段階では信頼できない」という主張に対して、① の後の文 For example ~ でその具体例が述べられていますが、② の前の文「クローンがもたらす未来について懸念している」という主張は非常に抽象的で、その具体化が示されないのは不自然です。選択肢 2 の「人体の一部を作ることにつながる」という懸念は、まさにその具体化になっています。また、その次の文で also fear ~ と言っていますが、これは are afraid言い換えになっており、内容的にも「優れた人間を作る」という懸念を述べているので、流れ的にもぴったりです。

選択肢3. の正解は ⑤。
「ある国がクローンを禁止しても別の国が促進してしまう」という内容ですが、21行目 They also argue ~ では「患者がクローンに頼った治療を受けることを止めることはできない」と述べられており、「世の中のクローンの流れは止められない」的な話の流れと合致します。⑥を選んでしまった人もいるかもしれませんが、その直前(⑤の後)の文では、therefore と、話のまとめに入っています。また ⑥(In other words) の前後では、24行目で scientists should ~ 、27行目で cloning should ~ と、明確な言い換えがされており、ここに何かを入れてしまうと言い換えがぼやけてしまいます。


構文把握力精読力をつけたい方にはこちらがオススメです。

最高レベルの英語力を身につけたい方はこちらもチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-基礎英語長文問題精講

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.