受かる英語


スポンサーリンク

文法

連鎖関係詞節とは?(考え方、訳し方、例文、省略について)

投稿日:

例題

次の英文の(  )に入れるのに最も適当なものを、1~4のうちから一つ選べ

The player (  ) my wife thought was the best won the tournament.
1. who  2. whom  3. of whom  4. as

解答・解説

正解 1. who
The player who my wife thought was best won the tournament.
(私の妻が最高だと思った選手がトーナメントで優勝した)

連鎖関係詞節に関する問題です。my wife thought という S+V があって、その後が動詞の was ですので、いかにも my wife の目的語が欠けているように見えます。よって、目的格の whom を選んでしまう人が非常に多いのですが、答えは 主格の who です。今回は、この答がなぜ whom ではなく who なのか?ということについて詳しく説明していきます。

連鎖関係詞節とは?

まず、この「連鎖関係詞節」という言葉が非常に分かりにくいですが、一応定義としては、関係詞節が他の節の中に埋め込まれた場合のことを言います。例えば上の例文では、「関係詞節」である who was the best が、「他の節」my wife thought の目的語として埋め込まれています

ただし、この「埋め込まれている」のがまた分かりにくいところです。というのも、原則として関係詞は先行詞の直後に置くので、語順が入れ替わり、結果的に、主節である my wife thought の方が、関係詞節の中に埋め込まれたような形に見えるからです。受験生の方は、このように「I think などが埋め込まれている関係詞節」が連鎖関係詞節だと考えてよいでしょう。使われる動詞は、think, suppose, believe, feel, fear, say, hear, wish, know など、どれも that 節を目的語にとるもので、「思う・考える」系が多いと言えます。

連鎖関係詞節の構造

上の文の構造についてもう少し詳しく説明します。皆さん、中学で関係代名詞を初めて習ったときに、2つの文を1つにつなぐ練習をしたことでしょう。例えば

  • The girl is my sister. + You met her yesterday.
  • The girl whom you met yesterday is my sister.

というようなものです。今さらかもしれませんが、一応この手順について説明しておきます。

  1. 同じものを指している「名詞」と「代名詞」を探す
    ⇒ 「the girl」と「her
  2. 2つ目の文の「代名詞(her)」を「関係代名詞(whom)」に置き換える
    ⇒ <you met whom yesterday>
    (※目的語なので目的格にする)
  3. 関係代名詞(whom)が2番目の文の先頭にない場合、先頭に移動させる
    ⇒ <whom you met yesterday>
  4. 2番目の文ごと、名詞(the girl)の直後に移動させる
    The girl <whom you met yesterday> is my sister.

となります。ちなみに「2番目の文」とは「関係詞節」のことで、「名詞」とは「先行詞」のことです。

さて、今回の本題の文では、元々以下のような2つの文があったと考えてください。

  • The player won the tournament. + My wife thought he was the best.

これを、同様の手順に沿って1つの文につなげてみましょう。

  1. 同じものを指している「名詞」と「代名詞」を探す
    ⇒ 「the player」と「he
  2. 2つ目の文の「代名詞(he)」を「関係代名詞(who)」に置き換える
    ⇒ <my wife thought who was the best>
    (※主語なので主格にする
  3. 関係代名詞(who)が2つ目の文の先頭にない場合、先頭に移動させる
    ⇒ <who my wife thought was the best>
  4. 2つ目の文ごと、名詞(the player)の直後に移動させる
    The player <who my wife thought was best> won the tournament.

となります。こうして見ると、連鎖関係詞節と言っても、意外と特別のことはせず、普通の手順で成り立っているのが分かるのではないでしょうか。この手順でポイントとなるのは、「主語なので主格にする」というところです。当たり前のことですよね。上の問題の答が whom ではなく who になるのはこのためです。

連鎖関係詞節の考え方、訳し方

ということで、連鎖関係詞節の構造や成り立ちは理解できたと思いますが、実際に文法問題なり長文問題で連鎖関係詞節を目にしたときには、「元の2つの文はどうでこうで…」と考えている暇はありません。そこで、オススメの考え方は、

  • I think をないものと思う

ということです。冒頭でも述べた通り、連鎖関係詞節では「I think などが埋め込まれている」ように見えます。この「埋め込まれているものを取り除いてしまうのです。今回の問題であれば

  • The player (  ) my wife thought was the best won the tournament.

上のように my wife thought を取り除きます。こうすると、高校受験レベルの非常に単純な文になりました。空所の直後にあるものは、動詞 was ですので、その前には当然主語があるべきです。よって空所には、目的格の whom ではなく、主格の who が入ります。

  • The player <who my wife thought was the best> won the tournament.

つまり、関係詞の空所補充問題では、I think, I suppose, I believe… などの「思う・考える系の表現に気を付けておく必要があります。これらを見つけたら取り除いて、残ったもので、普通の空所補充問題として考えてください。

尚、訳し方については、もし my wife thought がなければ、

  • 「最高の選手がトーナメントで優勝した」

ですので、そこに、省略した my wife thought の訳を補ってあげればよいでしょう。

  • 「最高だと私の妻が思った選手がトーナメントで優勝した」

となります。

「I think」はクッション言葉

ここで、もしかしたら「『I think』は本来主節なのに取り除いてよいのか?」と疑問に感じる人がいるかもしれません。そんな疑問については、発想を変えてこう考えましょう。

  • I think」 は「クッション言葉

だということです。

例えば、誰もが認める素晴らしい選手のことを「その選手は最高だ」と言いたかったら、

  • The player is the best.

と言えばいいですよね。ただ、本当に最高か?と言われると自信がないときもあるでしょう。そんなときに「あくまで自分の主観では」というニュアンスを付け加えたいときには、

  • I think the player is the best.

と言うことになります。あるいは、The player is the best. と言い終わった後で「やっぱりちょっと言い過ぎかな」と思ったら、最後に I think を付け加えて

  • The player is the best, I think.

ということもできます。あるいは、文の途中で

  • The player, I think, is the best.

と言っても構いません。このように、I think は、確かに文法構造上は一応「主節」ということにはなりますが、自信がないときに付け加える「クッション言葉」という側面があり、置く場所も比較的自由なのです。クッション言葉を取り除いても言いたいことの本体には影響がありません。これが「I think を取り除いて考えることが合理的と言えるもう一つの根拠です。連鎖関係詞節で使われる I believe, I suppose … 等は、ニュアンスの違いこそあれ、全てクッション言葉です。

「格」と「省略」について

絶対「主格」というわけではない

ここまでの話をすると、生徒の中にはたまに「じゃあ、I think とかを見つけたら主格を選んでおけばいいんですね」と言う人がいます。しかし、その考え方はオススメできません。たしかに受験生が目にする連鎖関係詞節の問題では、関係代名詞はおそらくいつも主格です。ただし、それは、The player (  ) my wife thought was … という形を見たときに「目的語が欠けている ⇒ 目的格を入れよう」と勘違いする人があまりにも多いので、出題者が受験生を引っかけるために、あえて答が主格になる文を作っているだけなのです。文法問題以外の普通の英語の文章では、目的格の関係代名詞が連鎖関係詞節を導くことは普通にあります。例えば

  • A person whom I thought I was tolerating has become my closest friend.
    (私が我慢していると思っていた人が一番の親友になった)
  • I have to tell you something which I thought I would never say.
    (決して言うまいと思っていたことをあなたに言わなければならない)

上のような連鎖関係詞節を使った文では、関係代名詞は目的格です。変な先入観は持たず、あくまでも、I think などを取り除いて、残りの文をよく見た上で、そこに何格が入るべきか判断してください。

主格でも目的格になることがある!

さて、ここからの話はちょっとマニアックになるので、深い理解をしたい方以外は読み飛ばしても構いません。ここまでの話で、The player (  ) my wife thought was … の空所には whom ではなく who が入るということが理解できたと思いますが、なんと、ネイティブでも、ここに whom を入れたくなる人がいるのです。つまり

  • The player whom my wife thought was the best won the tournament.

という表現は、本来誤用ですが、目にする機会があります

言語の常として、たとえ誤用でも、使う人が多くなれば、それが正しい表現として許容されていきます。もしかしたらそのうち、このような連鎖関係詞節の文法問題は出題されなくなるかもしれません。

主格でも省略されることがある!

このように、連鎖関係詞節では、ネイティブでも、主格を目的格と勘違いすることがあります。おそらくそれと同じ理由で、なんと、連鎖関係詞節では、主格でも関係詞が省略されることがあります。つまり

  • The player my wife thought was the best won the tournament.

という文がありうるのです。文法問題として問われることはまずありませんが、長文の中の一節としては普通に出てくることがあります。このことを知っていないと、「文構造はどうなっているんだ?」と悩んでしまうかもしれません。気を付けてください。

まとめ/暗記ポイント

  • 関係詞の空所補充問題では、I     などの「     」系の表現に注意する 解答を表示
  • 上のような表現を見つけたらどうする? 解答を表示

練習問題

1. 次の英文のカッコ内に入れるのに最も適当なものを選びなさい。

  • Tho position was filled by a man (  ) she thought was thoroughly competent.
    ① of which ② who ③ whose ④ whom 解答を表示
  • A friend of mine (  ) I supposed would pass the examination has failed.
    ① who ② whom ③ of whom ④ as 解答を表示
  • Are you doing what (  ).
    ① you think you are right ② you think it is right
    ③ you think is right    ④ it is you think right 解答を表示
  • We will elect (  ) we believe is trustworthy.
    ① whoever ② however ③ those who ④ of whom 解答を表示

2. 次の英文のカッコ内の語を並べ替えて、正しい英文を作りなさい。

  • 私の先生だと思っていた男性は、見知らぬ人だと分かった。
    The man ( I thought / turned out / my teacher / to be / who / was ) a stranger. 解答を表示
  • 明日、とても素敵だと思っている女の子とデートをするんだ
    Tomorrow, I will have a date ( a / believe / girl / I / is / very / who / with ) sweet. 解答を表示

3. 次の英文の下線部で誤りのある箇所を選びなさい。

  • She is a promising swimmer whom we think win a gold medal at the next Olympic Games. 解答を表示
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

管理人

都内の某予備校で講師をしています。受験生の役に立つ情報をどんどん提供していきたいと考えていますので、「この文法が分からない」「こんなまとめが欲しい」など、ご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、コメントを通じてお気軽にご連絡下さい。

-文法
-

Copyright© 受かる英語 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.